株式投資の確定申告

 確定申告の時期ですが、株式投資の利益にかかる税金の納税方法は大きく三つに分類されます。

 一つめは源泉徴収ありの特定口座で自動的に計算して支払ってもらう方法です。

 個人が株式取引をする際は証券会社を通じて取引しますが、その際に特定口座で取引していれば自動的に証券会社が損益を計算して支払うべき税金を算出してくれます。

 さらにその口座で源泉徴収をしてもらえば、支払まで自動で証券会社が行ってくれます。

 一番簡単なので最も利用者が多いのではないでしょうか。 二つめは源泉徴収なしの特定口座を使う方法です。

 この場合は税金の計算はしてもらえますが、申告は個人で確定申告により行います。

 複数の証券会社の口座で損益を相殺したい場合などで使われる方がおられるかもしれません。

 三つめは特定口座ではなく一般口座で取引して自分で計算して自分で申告する方法です。

 手間がかかるので大変ですね。

 私は現時点では源泉徴収ありの特定口座で取引しています。

 ただし、複数の証券会社で取引していますので損失が出ているところがあれば、確定申告して損益を相殺するかもしれません。

トップへ
inserted by FC2 system