ゴールデンクロス/デッドクロス/テクニカル分析

 移動平均線を使ったテクニカル分析で、今後の株価の上昇を見る最も基本的なものは「ゴールデンクロス」です。 ゴールデンクロスは、それ自体が計算式を持つわけではなく、テクニカル指標のあるシグナルをとらえた名称です。

 上のチャートはある期間の日経平均株価の推移を示したチャートです。

 ローソク足とともに移動平均線が表示されていますが、赤い線は短期の移動平均線、緑の線は長期の移動平均線を指しています。 ローソク足の動きに連動して、短期と長期の移動平均線がいくつかの場所で交差しているのがわかります。

 この長短の移動平均線の交差している箇所の内、「短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上へ突き抜けている交差」を「ゴールデンクロス」と言います。

 ゴールデンクロスは短期の勢いが長期のトレンドを乗り越えたサインになるため、株価上昇のサインになります。

 「ゴールデンクロス」と相対するテクニカル分析のサインを「デッドクロス」と言います。

 上のチャートはある期間の日経平均株価の推移を示したチャートです。

 ローソク足とともに移動平均線が表示されていますが、赤い線は短期の移動平均線、緑の線は長期の移動平均線を指しています。 ローソク足の動きに連動しながら、短期と長期の移動平均線がいくつかの場所で交差しているのがわかります。

 この長短の移動平均線の交差している箇所の内、「短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下へ突き抜けている交差」を「デッドクロス」と言います。

 デッドクロスは短期の勢いが長期のトレンドを下回ったサインになるため、株価下落のサインになります。

トップへ
inserted by FC2 system