株式分割・株式分割で端数が出た場合|優しい株講座

株式分割

株式分割とは、1株をいくつかに分割して発行済み株式数を増やすことです。例えば5分割する場合、10株保有していると50株になります。株式分割は、購入単価を減らして、より多くの投資家に買い求めやすくするという狙いがあります。

株式分割をすると保有株はどうなるのしょうか?実は株式分割の際に、『親株』『子株』に分けられます。例えば1:5の株式分割の場合は親株が1、子株が4となります。

また通常、業績が堅調な企業が行うことが多いので分割を発表した企業はチェックしておくのもいいでしょう。

株式分割で端数が出た場合

稀ですが、分割を行う会社で1:2、3など中途半端な分割を行う企業があります。そういった場合、単元株数以下の株は企業が買い取るなど対応をしてくれます。ただ、個人的な意見ですがそんなややこしいことをする企業は株主を大切にしているとは思えません。

トップへ
inserted by FC2 system