配当金・配当率の良い企業を選ぶ|優しい株講座

配当金

決まった時期に株券を保有していると、会社から配当金がもらえます。配当金は、決算時の利益を株主に配分するという目的で行われます。会社により配当率は変わってきますが、基本的には業績の良かった会社は配当金を予定額より増やしたり、逆に悪かった会社は配当金を減らす事が多いです。

3月決算なら決算日の5営業日前に株券を持ち越せばもらえます。通常決算発表後になるため2ヶ月くらいしてからですが、郵送で郵便振替などの用紙が送られてきます。その時には所得税などの税金分は引かれています。

また、信用取引で株を保有している場合でも配当金は授受できますが、株主優待券は貰えませんのでご注意ください。

配当率の良い企業を選ぶ

投資暦が増えれば増えるほど、配当金の割り合いは大きくなってきます。 例えば100万円分の株式を持っている場合、配当率が4%の企業と配当率が1%の企業では10年で30万円分の差が出てきます。投資資金が多ければ多いほど差が開きますので、ある程度業績が同じ企業であれば配当率の良い方を選ぶのが良いと思います。

トップへ
inserted by FC2 system