株価と購入金額・単元株数・値嵩株(ねがさかぶ)と低位株|優しい株講座

株価と購入金額

新聞などに、〜会社の株価が○○○○円というような株価情報が載っています。では、その会社の株はその値段で買えるのでしょうか?

実際には、株価=購入可能金額ではありません。例えば、A社の株価が500円、B社の株価が100,000円とします。この場合A社の株の方が購入するのに手軽さを感じますが、必ずしもそうとは限りません。

単元株数

ここで問題になるのが「単元株数」です。単元株数とは、株を売買する時の、基準となる単位です。例えば単元株数が100株とすれば、その会社の株は100株200株300株といったように100株単位で売買しなければいけません。

そのため先の例で上げた、A社の単元株数が1000株、B社の単元株数が1株とすれば、最低購入金額はA社で500,000円、B社で100,000円となり、A社の方が高くなってしまうのです。このように一概に、株価だけで高い安いは決まらないのです。

値嵩株(ねがさかぶ)と低位株

株価によって、一般的に値嵩株や低位株などの呼ばれ方をしています。値嵩株とは1株あたりの株価が高い株。低位株とは逆に1株あたりの株価が低い株で数十円から数百円くらいの株です。

しかし、結局値嵩株は単元株数が1株で低位株は1000株単位とかだったりするので、実際のところ買うにはほとんど違はありません。

トップへ
inserted by FC2 system