株って?・取引するには?|優しい株講座

優しい株講座1−株って?

会社を運営するには資金が必要です。そこで、会社が『株券』を発行して株の対価として資金を手に入れるのです。株を持っている人を「株主」と呼び、株券をもらいお金を支払う事で会社に資金を提供しています。そして、企業は投資家に対し配当や株主優待などを行い利益の還元をします。

会社は大きくなるにつれて必要な資金も増え、集めるのが困難になります。そこで証券取引所という場所を通じて多くの投資家に株主になってもらえるようになります。証券取引所で会社の株を売買できるようにする事を「上場」と呼びます。

取引所では株の売買が行われ、買いたい投資家と売りたい投資家が株券を売買してその売買価格が、会社の株価になるのです。買いたい投資家が増えればその分株価は値上がりし、必要な資金も集まりやすくなります。

優しい株講座1−取引をするには?

会社の株式を購入するには、証券会社に口座を開設する必要があります。インターネット取引が普及するまでは、電話や窓口での注文が主流でしたが、今はほとんどがインターネットで取引を行うのが一般的です。

インターネットでは手数料が安く、売買も素早く行えるので個人でも簡単に始める事ができます。またほとんどの証券会社が口座管理費などを無料にしているため、放っておいても費用はかかりませんので、開設しておくだけでも損はないでしょう。

トップへ
inserted by FC2 system