リスク回避の方法2(保有期間は最短を目指す)|投資の極意

リスク回避の方法2(保有期間は最短を目指す)

投資の手法には、株式の保有期間によって長期投資、中期投資、短期投資などが挙げられます。最もリスクの少ないトレード方法はどの手法なのでしょうか。この答えだけは断言出来ます。

『株式の保有期間は短ければ短いほどリスクは少ない』

昨今の世界経済情勢を考えれば当然と言えば当然ですね。今や安定株と言われていた電力株ですら保障はありません。こんなご時世で長期間保有して配当生活を夢見るのはリスクが高いのです。

私はデイトレードを主体としたトレードをしていますが、ここ十年以内の激しい株価の暴落をもたらしたライブドアショック、リーマンショック、東日本大震災の経験に基づく最良のリスクヘッジは株を保有しないことだと気付いたからです。

もちろん仕事をしながらデイトレードは無理ですので、お仕事が忙しい方は短期投資でも数日内に取引を完了するスイングトレードをお勧めします。主婦の方等、昼間に数時間でも取引が出来る状況にある方なら断然デイトレードの方がリスクは少なくなります。

また、短期投資は長期投資に比べ、トレード能力の高い方には利益率も高くなります。私のデイトレードを主体とした取引でも月間利益は20%程度あります。(取引手数料を差し引いても)これをコンスタントに続けられれば、4か月で2倍、1年で8倍の資産を得る事が出来るのです。実際はそううまくはいきませんが、長期投資でこれだけの資産増加はあり得るでしょうか?

リスクを抑え、利益率も高いトレードを目指すなら短期の取引がベストだと思います。

トップへ
inserted by FC2 system